激レアさん益田祐美子(映画製作)のwiki風プロフィールや作品は?年齢や大学、夫と子供も調査!

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは(*^-^*)

2018年10月29日(月) 20時25分~21時48分

に放送の【激レアさんを連れてきた。】

映画プロデューサーの

益田祐美子(ますだゆみこ)さんが

激レアさんとして出演されます。

益田祐美子さんは、

「普通の主婦だったのに自分の娘が主演する

映画を作ろうと思って大奮闘した結果、

イランの映画賞を総なめにした上に

そのまま映画プロデューサーになっちゃった人」

だそうです!!

激レア感がハンパないですね~☆

そこで今日は益田祐美子さんの年齢や

出身大学、家族(夫や子供)などの

wiki風プロフィールや

益田祐美子さんが普通の主婦から

映画プロデューサーになった経緯について、

また、益田祐美子さんの制作した作品についてなど

いろいろと調べてみました!

それでは、行ってみましょう!

スポンサーリンク

目次

  1. 益田祐美子さんのwiki風プロフィール
  2. 益田祐美子さんは主婦から映画プロデューサーに!
  3. 益田祐美子さんの制作した作品について
  4. 益田祐美子さんの家族(夫や子供)は?

益田祐美子さんのwiki風プロフィール

出典:http://www.newstokyo.jp

名前:益田 祐美子(ますだ ゆみこ)

出身:岐阜県高山市

生年月日:1961年2月(日にちは不明)

年齢:57歳(執筆時)

学歴:金城学院大学卒業

職業:「平成プロジェクト」代表取締役社長

家族:夫(知夫さん)、娘(友理さん)

とても品があってアラ還世代には見えない

お綺麗な益田祐美子さん。

ご実家が飛騨高山で和風旅館を経営されていたと

いうことなので、お嬢さまなのかもしれません!

(^-^)

見た目はおっとりされている印象ですが、

実はスーパーウーマン!

大学(金城学院大学)の卒業論文が

商品研究大賞を受賞したり、

新婚旅行費用のために応募した

通産省エネルギー大賞でも優秀賞を受賞

したことがあるとか!

益田祐美子さんは

大学卒業後は雑誌記者などを経て、

2003年、イランとの合作映画『風の絨毯』を

製作したことを機に映画プロデューサーとなられます!

それ以降は「平成プロジェクト」という

映画・イベント・書籍等の総合プロデュース業務を

行う会社の代表取締役社長として

活躍をされているようで、

益田祐美子さんがこれまでに制作された映画は

なんと11作品にまで及ぶそうですよ!

益田祐美子さんは主婦から映画プロデューサーに!

出典:http://www.newstokyo.jp

益田祐美子さんは前述の通り、

大学を卒業して結婚された後も

主婦の傍ら

女性誌「Home Economist Wise」で

記者として活躍されており、

綿密な調査報道で功績を上げていたそうです。

しかし、娘さんの出産を機に専業主婦に。

その後の2000年4月、

小学4年生になった娘さんが

ある映画のオーディションに見事合格!!

益田祐美子さんはいわゆるステージママとして

映画のロケ地へ娘さんについて行ったとか。

最初はわくわくしていた娘さんでしたが、

ロケ地が青森だったこともあり

現場はとても寒いし、待ち時間は長い、

しかも映画の内容が

親が不倫して子供が耐えるという重苦しい

内容だったため、

ついには娘さんは

「こんな映画はいやだ、私降りる」と

言い出してしまったそうです。

そんな娘さんを説得するために

益田祐美子さんは

「いつかあなたが主役の映画を作ってあげる。

だからこの現場はやり通しなさい」と

つい言ってしまったとか。

これがきっかけで益田祐美子さんは

映画制作の道に進むことになったようです!!

スポンサーリンク

益田祐美子さんの制作した作品について

娘さんとの約束を果たす為に、

映画を作ることになった益田祐美子さん。

しかし、益田祐美子さんは

映画製作に対して全くの素人だった為

つてを頼りに関係者を訪ね歩き、

映画作りのノウハウを学び、

徐々に必要な人脈を築いていったそうです。

こうして、できあがった映画が

日本とイランの合作で

実話に基づくヒューマンドラマ

「風の絨毯」。

なんと、この映画は益田祐美子さんの

初作品にして

中東最大の映画祭等で次々に賞を受賞する

という快挙を成し遂げました!!

出典:http://www.newstokyo.jp/

キャストは、

・永井さくら役:柳生みゆ
・ルーズベ役:ファルボー・アフマジュー
・アクバル役:レザ・キアニアン
・永井誠役:榎木孝明
・永井絹江役:工藤夕貴
・中田金太役:三國連太郎(特別出演)

といった豪華俳優さん&女優さんが

出演されたようです。

制作費はなんと1億5000万。

株などによる自己資金は3000万で、

あとは

たくさんの企業にスポンサーを依頼し

残りの1億2000万を集めたそうですよ!

益田祐美子さんは「風の絨毯」を皮切りに

下記のようなたくさんの映画を製作されて

います!

  • 2008年 蘇る玉虫厨子
  • 2011年 海峡をつなぐ光 玉虫と少女と日韓歴史ロマン
  • 2013年 李藝 最初の朝鮮通信使
  • 2014年 瀬戸内海賊物語
  • 2015年 シネマの天使
  • 2016年 サンマとカタール〜女川つながる人々
  • 2016年 ハイヒール革命!
  • 2017年 こいのわ 婚活クルージング
  • 2018年 一陽来復 Life Goes On
  • 2019年 ソローキンの見た桜

是非チェックしてみたいです~~!!

益田祐美子さんの家族(夫や子供)は?

出典:http://www.tokyo-shintoshin-rc.org/

最後に、益田祐美子さんのプライベートを

チェックしてみましょう!

益田祐美子さんは前述の通り、

ご家族はご主人と娘さんがお一人

いらっしゃるようですね!

ご結婚は地元の岐阜でなさったということなので

ご主人も岐阜県の方なのでしょうか?

のちにご主人の転勤で東京に引っ越したそうですから

ご主人はどこかの企業のサラリーマンをされて

いるのかもしれません。

益田祐美子さんが専業主婦から急に映画を作ると

言い出した時、

ご主人は「映画は危険だ。家をとられるかもしれないし、

家庭が崩壊するから止めろ」と、

大反対をされていたようですね。

しかし、ある時娘さんが両親にこう打ち明けます。

「ママがプロデューサーをする映画でもし

私が主役に選ばれたら、贔屓されたと思われる。

私は映画のオーディションを棄権し、裏方で手伝うから

いい映画を作って絶対ヒットさせて!」

これを聞いたご主人は号泣。

このことをきっかけに、一転して益田祐美子さんの

映画製作を応援してくださるようになったそうです。

買い物や料理はもちろん、休みの日には掃除も

してくれたそうですよ!

「風の絨毯」に出演された三國連太郎さんからは

「益田さんはすごい。

何がすごいって、だんながすごい(笑)、

感謝しなさい」って言われたんだとか!

益田祐美子さんの夢を叶えるために、

働きながらも主夫業をこなしたご主人。

自分が主役で出演するはずった

母親がプロデュースする映画の

ヒットを祈願して、自ら辞退し

裏方に回った娘さん。

(結局主演は柳生みゆさんがされました)

ほんとうに暖かいご主人と娘さんです!!

ちなみに当時子役をされていた娘さんも

現在は27~28歳になられているはず。

女優のお仕事をされているのか、

あるいはお母様と同じような

制作などの裏方のお仕事をされているの

でしょうか?

詳しい情報は分かりませんでしたが、

益田祐美子さんのお嬢さんなら

きっとお綺麗でしょうね(*^-^*)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日は【激レアさん】に出演の

益田祐美子さんの年齢や

出身大学、家族(夫や子供)などの

wiki風プロフィールや

益田祐美子さんが普通の主婦から

映画プロデューサーになった経緯について、

また、益田祐美子さんの制作した作品についてなど

いろいろと調べてみました!

ご家族の暖かいサポートを受けながら

映画プロデューサーに転身され、

何本もの作品を世に送り出している

益田祐美子さんのサクセスストーリーに

とても勇気づけられました!

益田祐美子さんの制作された映画を

是非観てみたいですね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク